CATEGORY

BACKNUMBER

OTHER

はりねずみが眠るとき

昼寝をしながら本を読み、ビールを空けて料理する日々

『アリバイ崩し承ります』

手にとったのは、安田顕主演でドラマ化されると知ったからだ。

そのうえ気軽に読めるミステリー短編集。それも本格ミステリーだ。

時計屋にも魅かれた。昔ながらの商店街にある古びた時計屋。それだけでもう、タイムトリップが成立しそうな場所である。

 

しかしそこに眼鏡をかけた老人はいない。

アリバイ崩しを承るのは、20代の髪をボブにカットした女性、時乃だ。

そこに捜査一課に配属されたばかりの新人刑事が通うようになる。こんな年下の女の子に頼るのは、と自分をふがいなく思いながらも切羽詰まって扉を開けてしまう。

安楽椅子探偵である時乃は、彼の話を聞き微笑む。

「時を戻すことができました。アリバイは崩れました」

短編は7つ。

拳銃がポストに入っていたり、雪山山荘の密室もあり、自白し死んでいった死者のアリバイが見つかったり、夢遊病癖の容疑者が出て来たり。時乃が小学生の頃祖父から出題されたアリバイ崩しもある。

そのどれもが、トリックを時乃が解くたびに唸らざるを得ない。おもしろかった。

 

古い時計屋を探しに、どこにでもあるような、けれど決してどこにもない商店街を歩いてみたくなる。

ドアを開け、もしも「アリバイ崩し承ります」と貼り紙があったら、誰のアリバイを崩してもらおうか。

「時を戻すことができました」と、時乃は微笑んでくれるだろうか。

テレ朝のドラマは、小説とはかなり雰囲気が違うものに仕上がっていました。安田顕演じる主人公は、新人ではなくアリバイ崩しが苦手な管理官だし、時乃はきゃぴきゃぴしてるし、時計屋が主人公の下宿先になっているし。エンターテイメント性豊かに、様々な層の視聴者が楽しめるように作られています。

COMMENT

管理人が承認するまで画面には反映されません。

CAPTCHA


PROFILE

プロフィール
水月 さえ

随筆屋。

1962年東京生まれ。

2000年に山梨県北杜市に移住。

夫が営む広告会社で経理を担当。

2012年から随筆をかき始める。

妻であり、母であり、主婦であること、ひとりの人であることを大切にし、毎日のなかにある些細な出来事に、様々な方向から光をあて、言葉を紡いでいきたいと思っています。

『地球の歩き方』北杜・山梨ブログ特派員

 

 

CATEGORY

カテゴリ

BACKNUMBER

バックナンバー

CALENDAR

カレンダー
2020年2月
« 1月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
242526272829  

はりねずみが眠るとき

昼寝をしながら本を読み、ビールを空けて料理する日々

COPYRIGHT © 2016 HARINEZUMIGA NEMURUTOKI. ALL RIGHTS RESERVED.© 2016 HARINEZUMIGA NEMURUTOKI.