CATEGORY

BACKNUMBER

OTHER

はりねずみが眠るとき

昼寝をしながら本を読み、ビールを空けて料理する日々

『麦本三歩の好きなもの』

表紙のイラストにひどく魅かれた。

といっても本物の表紙は写真で、イラストよりもシンプルな白を基調とした部屋だ。

表紙の上にかけられていた本と同じサイズの帯のようなカバーの絵のことを言っている。基調は赤と薄いパステルグリーンだ。

時代は遡る。20歳の初め、まさに麦本三歩(むぎもとさんぽ)と似たような年齢だった頃、憧れたひとり暮らしの部屋がこういうイメージだった。

実際パステルグリーンの絨毯を敷いたし、ランプシェードの色も合わせた。カーテンは白地の赤の模様が入った布で縫い、白地に赤い模様が入ったやかんを友人にプレゼントしてもらった。フローリングではなく畳、それも6畳一間で風呂もなし。それでも、出来得る限り素敵な部屋に仕立てたかった。

あの頃憧れた部屋が、『麦本三歩の好きなもの』のイラスト表紙のなかには、すべて揃っているように見えたのだ。

 

好きなものに囲まれた暮らしって、いいなと思う。

そんな三歩の好きなものと暮らしが描かれた、のんびりゆったりとした小説だ。

冒頭の『麦本三歩は歩くのが好き』から引用してみよう。

歩くのが好きな理由について、足を前に出すだけだからだろうと、三歩は思う。いかにも無意味で間抜けな理由だけれど、三歩は真面目にそう思っているし、その無意味は大事なものだとすら思っている。

どこかで誰かが言っていた。無意味に散歩出来る人こそが価値のある人間なのだと。

ほかに三歩の好きなものは、勤務先である図書館、ワンポイント、年上、ライム、生クリーム、ブルボン、魔女宅、ファンサービス、モントレーなどなど。

ぼうっとしていておっちょこちょいな(物事に集中しすぎるタイプだと三歩は自己分析しているが)彼女の日常は、小さな冒険に満ち満ちている。

イラストは、HAIが描いています。

三歩役のモデルは、モモコグミカンパニー(BisH)。黄色い紐栞が目にまぶしいですね。

COMMENT

管理人が承認するまで画面には反映されません。

CAPTCHA


PROFILE

プロフィール
水月 さえ

随筆屋。

Webライター。

1962年東京生まれ。

2000年に山梨県北杜市に移住。

2012年から随筆をかき始める。

妻であり、母であり、主婦であること、ひとりの人であることを大切にし、毎日のなかにある些細な出来事に、様々な方向から光をあて、言葉を紡いでいきたいと思っています。



『地球の歩き方』北杜・山梨ブログ特派員

 

*このサイトの文章および写真を、無断で使用することを禁じます。

 

CATEGORY

カテゴリ

BACKNUMBER

バックナンバー

CALENDAR

カレンダー
2021年3月
« 2月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

はりねずみが眠るとき

昼寝をしながら本を読み、ビールを空けて料理する日々

COPYRIGHT © 2016 HARINEZUMIGA NEMURUTOKI. ALL RIGHTS RESERVED.© 2016 HARINEZUMIGA NEMURUTOKI.