CATEGORY

BACKNUMBER

OTHER

はりねずみが眠るとき

昼寝をしながら本を読み、ビールを空けて料理する日々

ちょっとだけ勇気を出して

健康診断は、毎年新宿で受けている。

駅からは15分くらい歩くが、1本早いあずさに乗ったので1時間以上前に着きそうだ。紀伊國屋書店に寄って本を探そう。

そんなことを考えながら、東口改札を出た。

 

すると、白杖を突きながら歩いている男性に目が留まった。

「あ、何かできるかも」

そう思ったのは、手話サークルに通っていて感じるものが大きかったからかも知れない。上原大祐さんとの出会いがあったからかも知れない。そして、お世話になった井上こみち先生が送ってくださった著書、ある盲導犬の一生の物語『ぼく、アーサー』を読んだばかりだったからかも知れない。

時間にも余裕があった。だが、新宿の地下通路は、何度も迷っている苦手な場所だ。もし、間違えた道を誘導してしまったら、かえって迷惑になってしまう。

それでも。

 

「こんにちは。何かお手伝いできること、ありますか?」

彼の前方から、ゆっくりした口調を心がけつつ、声をかけた。

「あ、だいじょうぶです」

彼は歩調を緩め、笑顔で答えた。やっぱり、だいじょうぶだよなあ。だいじょうぶそうだったもん。そう思いつつも、もう一声かけてみる。

「どちらまで、行かれますか? ご一緒しましょうか?」

「ええっと」

ふたり歩きながら会話していたのだが、階段にさしかかる。

「階段です」

「あ、ありがとうございます」

そして階段を下りながら、彼は、じゃあ、と言った。

「丸ノ内線の自動改札まで、一緒に行ってもらえますか」

「はい。腕、とりましょうか?」

「じゃあ、左肩を貸してください」

そんなふうにして一緒に歩き始め、一度、右に曲がった。わたしはよく、左右を間違える。間違えることのないようにと緊張しながら「右に曲がります」と伝えた。丸ノ内線の自動改札までは、ものの2分ほどだった。

「着きました」

そのとき、彼が言った。

「あ、もう着いたんですか?」

「はい。丸ノ内線の自動改札機の前です」

「ありがとうございました」

「お気をつけて」

たったそれだけのことだった。わたしの誘導などなくとも、彼は何ごともなく丸ノ内線に乗れただろう。

 

だけど、「あ、もう着いたんですか?」という言葉を聞き『ぼく、アーサー』のワンシーンを思い出していた。

目の不自由なノリオさんが、初めて早足で歩くシーンだ。

「風が、顔やかたをなでていく。

 こんなこと、ないとおもっていたのに」

丸ノ内線に乗って行った彼も、一歩一歩確かめながらゆっくりと歩いていたのだ。彼の言葉にそう実感した。

ちょっとだけ、勇気を出して声をかけてみてよかった。ほんのちょっとのことなんだけど、白杖を突き歩く人のことを、ひとつ「知る」ことができた。

丸ノ内線新宿駅自動改札です。

新宿駅周辺の地下通路は、よく迷います。

『ぼく、アーサー』。盲導犬の一生をアーサーの語りで描かれた絵本です。

COMMENT

管理人が承認するまで画面には反映されません。

CAPTCHA


  1. hanamomo より:

    こんばんは。
    ちょっとだけ勇気を出して、彼のお役に立てましたね。
    本当に良かったと思います。
    私もそんな場面にであったら、さえさんのこと思い出してやってみたいと思います。

    秋田の駅前でも時々盲導犬を見かけることがあります。
    みんな賢そうな顔をしています。

    健康診断も無事終りましたね。
    ほっとしますよね。

    • さえ より:

      hanamomoさん
      おはようございます♩
      ほんの少しだけですが、お役に立てたのならうれしいですよね。
      これからも、そういう場面で、臆さずに声をかけられるようになりたいと思います。
      山梨では、車で動くことが多いせいか、盲導犬を見かけたことはありませんが、きっと盲導犬たちも活躍しているんだと思います。
      健康診断、終わるとホッとしますね。再検査などもなく、よかったです。

PROFILE

プロフィール
水月 さえ

随筆屋。

1962年東京生まれ。

2000年に山梨県北杜市に移住。

夫が営む広告会社で経理を担当。

2012年から随筆をかき始める。

 

妻であり、母であり、主婦であること、ひとりの人であることを大切にし、毎日のなかにある些細な出来事に、様々な方向から光をあて、言葉を紡いでいきたいと思っています。

 

『地球の歩き方』北杜・山梨ブログ特派員

 

随筆かきます。

 

依頼はメールフォームからお願いします。

ご意見などのメール

CATEGORY

カテゴリ

BACKNUMBER

バックナンバー

CALENDAR

カレンダー
2018年11月
« 10月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

はりねずみが眠るとき

昼寝をしながら本を読み、ビールを空けて料理する日々

COPYRIGHT © 2016 HARINEZUMIGA NEMURUTOKI. ALL RIGHTS RESERVED.© 2016 HARINEZUMIGA NEMURUTOKI.