CATEGORY

BACKNUMBER

OTHER

はりねずみが眠るとき

昼寝をしながら本を読み、ビールを空けて料理する日々

飛行機雲はまっすぐに伸び、正しい道を歩くように教えている

きのうは、久しぶりに青空が広がった。

昼食用のサンドイッチなどを買い、パン屋の外に出ると青い空に一筋の飛行機雲が見えた。飛行機雲を見ると思い出すのはいつも同じことだ。

飛行機雲はまっすぐに伸び、正しい道を歩くように教えている。

 

伊坂幸太郎のデビュー作『オーデュポンの祈り』(新潮文庫)にそうあったのだ。150年間、外の世界と交流がなかった島が舞台で、突然そこに連れていかれた主人公、伊藤は、もちろん飛行機を知っているのだが、島の人たちは知らない。当然、飛行機雲という名前も。

雲の切れ間に、飛行機雲が走っていた。空港から伸びんだろうか、豆粒ほどの機体と、そこから棚引く雲が、一直線に伸びている。

「飛行機雲だね」と僕が言うと、彼女は怪しむ顔をした。「何それ」

「そう言わないのかい」

「あの雲は、正しい道を歩くように教えてくれているんだよ」

何とも美しい描写である。

それを読んでから、飛行機雲を見るたびに背筋が伸びるような気持ちになる。我ながら単純なのだが『オーデュポンの祈り』を読んでから、飛行機雲はわたしのなかで「正しい道を歩くように呼びかけている存在」となった。

 

もちろん、人によって様々な印象があるだろう。

NHKドラマ10のドラマ『コントレール~罪と恋~』では、飛行機雲は、殺人を犯してしまった自分の罪を思い起こさせる象徴だった。

しかし、ドラマを観終えた後も、わたしの飛行機雲感は変わらない。まっすぐ伸びる雲を見て背筋が伸びる。とても自然なことのように感じる。

だからわたしは、飛行機雲が好きだ。

CIMG1197きのう見た飛行機雲です。

CIMG1200八ヶ岳には雲がかかっていましたが、青い空と白い雲っていいな。

CIMG1210

足もとには、大豆の畑が広がっていました。

CIMG1209畦には鬼灯も。パッと目を惹くオレンジですね。

CIMG9444これはブリュッセルで見た飛行機雲。空港が近いのかたくさん見かけました。

COMMENT

管理人が承認するまで画面には反映されません。

  1. papermoon より:

    さえさん、こんばんは!

    飛行機雲、私も好きです。
    あの飛行機はどこへ向かって飛んでいるのだろう?といろいろ想像しながら眺めるのが好きです。
    青い空にどこまでも直線の白い線のような雲、すごくキレイなコントラストですよね。
    ひこうき雲というとユーミンの歌を思い出します。
    歌詞の内容は少し悲しいけれども、お気に入りの曲の1つです。
    私も以前、龍の形の雲を見てブログに載せたことがあります。
    その記事は非公開にしてしまったけれども、私にとっては大きな転換期の時に見た雲なので思い出深いです。

    • さえ より:

      papermoonさん
      ほんと、青と白、まっすぐな線。きれいなコントラストですよね~♩
      ユーミン、ありましたねえ。
      コメントを読むまで思い出しませんでした。
      印象的な雲を見たときのこと、その時の心持ちと一緒に覚えていることってありますよね。
      龍の形の雲、すてきだったんでしょうね♡

  2. ユミ より:

    ニュースで、東京の連日の雨が報道されているように、山梨でもお天気が悪い日が続いていたのですね~
    まっすぐ伸びる飛行機雲が、正しい道を歩くように教えているように思えるっていいですね。
    遠くの空を、ゆっくりと長く伸びていきますよね。
    ブリュッセルの飛行機雲は、上に伸びて、どこか凛としていますね。
    私は飛行機雲を見ると、ユーミンのデビュー曲の「ひこうき雲」を思い出し、つい口ずさんでいます。
    世代ですね~(^^ゞ

    ほおずきは「鬼灯」って書くんですね。初めて知りました。
    可愛い姿なのに、鬼の字が着くんですね。

    • さえ より:

      ユミさん
      ユミさんもやっぱり飛行機雲はユーミンなんですね~
      わたしたち同世代の方には多いかも知れませんね♩
      山梨も洗濯物が乾かない日が続いていたんですよ~
      今日は晴れて、晴れの日があるってありがたいな~なんて実感しています。
      鬼灯、そうそう、可愛いのに鬼がつくんですよね。
      でも鬼の灯ろうのイメージが、あとづけですがわたしのなかにはあります。

CIMG2394

PROFILE

プロフィール
2016-10-02-11-07-59-1
水月 さえ

随筆屋。

1962年東京生まれ。

2000年に山梨県北杜市に移住。

夫が営む広告会社で経理を担当。

2012年から随筆をかき始める。

 

妻であり、母であり、主婦であること、ひとりの人であることを大切にし、毎日のなかにある些細な出来事に、様々な方向から光をあて、言葉を紡いでいきたいと思っています。

 

随筆かきます。

依頼はメールフォームからお願いします。

ご意見などのメール

CATEGORY

カテゴリ

BACKNUMBER

バックナンバー

CALENDAR

カレンダー
2017年9月
« 8月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

はりねずみが眠るとき

昼寝をしながら本を読み、ビールを空けて料理する日々

COPYRIGHT © 2016 HARINEZUMIGA NEMURUTOKI. ALL RIGHTS RESERVED.© 2016 HARINEZUMIGA NEMURUTOKI.