CATEGORY

BACKNUMBER

OTHER

はりねずみが眠るとき

昼寝をしながら本を読み、ビールを空けて料理する日々

『彼女のこんだて帖』

読書初心者&食いしん坊におススメしたい、連作短編集を見つけた。

文庫だが、ストーリーに登場するレシピがカラー写真入りで詳しく載せてあり、読み終えたあとにもまた作る楽しみ、食べる楽しみが待っている。

それも、ショートストーリー15編のなか25レシピすべて。豪華だ。

 

15編のサブタイトルには、主人公の名前が入っている。

たとえば「1回目のごはん 泣きたい夜はラム 立花協子のこんだて帖」といった具合に。

失恋したばかりの協子は、彼の背中を見送りながら考える。

日曜の夜は肉だろう。

ほかのいっさいに自分が目を向けないように考え続ける。

じんわりとやわらかい松坂牛を奮発するか、それとも黒豚でしゃぶしゃぶにするか……いや、もっと歯ごたえのあるものがいい。かぶりついて顎に力をこめて引きちぎって、もぐもぐと豪勢に噛めるようなものがいい。

そして、羊と決めネットで購入。土曜にはデパ地下でワインとチーズを調達する。自分だけのために。そしてラムステーキにかぶりつき、ハッとした。

康平と過ごした四年間は、考えてみればこのラム肉みたいなものだったと協子は思う。交わした言葉が、笑い合ったささやかなことが、言い合ったつまらないことが、相手のことを考えた時間が、ともに目にした光景が、まわし読みした小説の一節が、すべてゆっくりと消化され、わたしの栄養となりエネルギーになった。それは失われたのではなく、今もわたしの内にある。あり続ける。

協子は思う。このさみしさも、しっかり噛んで味わおうと。

 

妻のストライキに夫が作ったミートボールシチュー。ダイエット中の妹を心配し兄が作ったピザ。食同好会のみなで舌鼓を打つために作るタイ料理のフルコース。亡くなった妻の味を再現しようと夫が作った豚柳川。手作りにこだわる女性とジャンクフードが好きな恋人が合作した餃子鍋、などなど。

 

1回目のごはんには、2回目のごはんの主人公榎本景がちらりと登場する。2回目には3回目のというように登場人物がリレーしていくのも楽しい。

あるひとの物語で脇役だったひとにも、彼または彼女の物語がある。これは当然のことだが、同時になんだか途方もない気持ちになることでもある。

解説の井上荒野は、そうかいていた。

 

掌編とも言えるさわやかな短編15編と、思わずつばを飲み込んでしまう25ものレシピが詰まった贅沢極まりない1冊。

ダブルカバーになっていました。解説は、井上荒野。

レシピページは、こんな感じ。「春菊とほたてのスープ」「きのこマーボー」のページです。

COMMENT

管理人が承認するまで画面には反映されません。

CAPTCHA


PROFILE

プロフィール
水月 さえ

随筆屋。

Webライター。

1962年東京生まれ。

2000年に山梨県北杜市に移住。

2012年から随筆をかき始める。

妻であり、母であり、主婦であること、ひとりの人であることを大切にし、毎日のなかにある些細な出来事に、様々な方向から光をあて、言葉を紡いでいきたいと思っています。



『地球の歩き方』北杜・山梨ブログ特派員

 

*このサイトの文章および写真を、無断で使用することを禁じます。

 

CATEGORY

カテゴリ

BACKNUMBER

バックナンバー

CALENDAR

カレンダー
2020年10月
« 9月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

はりねずみが眠るとき

昼寝をしながら本を読み、ビールを空けて料理する日々

COPYRIGHT © 2016 HARINEZUMIGA NEMURUTOKI. ALL RIGHTS RESERVED.© 2016 HARINEZUMIGA NEMURUTOKI.