CATEGORY

BACKNUMBER

OTHER

はりねずみが眠るとき

昼寝をしながら本を読み、ビールを空けて料理する日々

『思わず考えちゃう』相手の「できないこと」によりそう

『思わず考えちゃう』を、再読した。というより、ぼんやりと捲った。

ぼんやりするのにちょうどいい本である。

第1章「ついつい考えちゃう」では、「ストローの袋、くしゃくしゃ派? きっちりたたむ派?」を。

第2章「父だから考えちゃう」では、「幸せのインフレ」を紹介した。

第3章「ねむくなるまで考えちゃう」では、ヨシタケ氏いわく、もう少し深く考えすぎちゃおうということで、仕事のこと人生のこと幸せについてなどがかかれている。

 

思わず考えちゃったのは、東京でひとり暮らす32歳の息子のことだ。

東京のわたしの実家に新年の挨拶に行ったのだが、誘おうと電話をしても出ない。メールしてもそっけない是か非かのみの返事。もう7~8年はそんな具合だ。もちろん帰省もしてこない。

いったい何が彼をそうさせているのか。どうしたらいいのか。

考え始めると負のスパイラルに陥る。

ヨシタケ氏はかいている。

何か自分がやりたいことがあって、それができないっていうのは、大した悩みじゃないんですよ、多分。自分は自分でどうにかできるし、自分で目標は設定し直せる。

そうではなくて、自分のそばにいる人に、できてほしいことができないってときに、どう一緒にやっていくかっていうのが、実は一番難しい。

まさに、これだなあと思う。

相手のできないことによりそうっていうことが、多分、人として一番難しいことなんじゃないのかなって思いました。

わたしや夫と向き合おうとすることが、息子にはできない。それによりそうには、どうしたらいいのだろうか。

鍵がかかった心の部屋を開けるのって、自分でも思い通りにならないのは知ってはいるけれど。

こういうひとり机とシンプルな椅子、憧れます。

難しいよね、ほんと。

これもおもしろかった。こういうループにハマることってあるよなあ。

タコよんの雄姿も、ごらんあれ。

COMMENT

管理人が承認するまで画面には反映されません。

CAPTCHA


  1. さえ より:

    >鍵コメさん
    ヨシタケシンスケさん、「暮らしの手帖」に連載していらっしゃるんですね。
    子育てのこともかかれているので、おもしろいでしょうね。
    絵がまたいいですよね。
    息子のこと、ありがとうございます。
    いつか帰ってくる日が来るんでしょうかねえ。
    時間薬が効くといいな。待ってみますね。

  2. ぱす より:

    こんばんわ
    さえさんから、息子さんの事をうかがうたびに、私も考えます。
    お元気なご様子ですね。
    そこは、まずは安心ですね。

    いつか、きっと。

  3. さえ より:

    >ぱすさん
    息子のこと、ありがとうございます。
    そうですね。元気でやってるみたいです。ほんと、それだけでも安心ですね。
    いつかきっと、ですね~♩
    春はまだまだ遠いなあ。

PROFILE

プロフィール
水月 さえ

随筆屋。

1962年東京生まれ。

2000年に山梨県北杜市に移住。

夫が営む広告会社で経理を担当。

2012年から随筆をかき始める。

妻であり、母であり、主婦であること、ひとりの人であることを大切にし、毎日のなかにある些細な出来事に、様々な方向から光をあて、言葉を紡いでいきたいと思っています。

『地球の歩き方』北杜・山梨ブログ特派員

 

 

CATEGORY

カテゴリ

BACKNUMBER

バックナンバー

CALENDAR

カレンダー
2020年1月
« 12月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

はりねずみが眠るとき

昼寝をしながら本を読み、ビールを空けて料理する日々

COPYRIGHT © 2016 HARINEZUMIGA NEMURUTOKI. ALL RIGHTS RESERVED.© 2016 HARINEZUMIGA NEMURUTOKI.