CATEGORY

BACKNUMBER

OTHER

はりねずみが眠るとき

昼寝をしながら本を読み、ビールを空けて料理する日々

ミラノのスーパー

買い物が好きだ。買わなくたっていい。お店をただふらふら観て歩くだけで、わくわくする。だからその土地特有のものが集まる市場はもう、大好きだ。

ミラノでは市場にはお目にかかれなかったが、素敵なスーパーが3つあった。

日本語でいうスーパーよりは、高級食材店といった雰囲気に近い。

 

ひとつは『Eat's Italia』(イーツイタリア)

ドゥオモ駅近く、エクセルシオールビルの地下に入っている。

併設されたエノテカ(ワインを売る店)では、売っている総菜やパン、ワインを注文し食事をすることもできる。

 

もうひとつは『PECK』(ペック)

やはりドゥオモの近くで、トリノ通りから少し入った路地にある。

ここはエノテカが併設されているというよりは、エノテカにスーパーがくっついている感じだ。ワインは驚くばかりの品揃え。食品売り場には、気軽にお茶を飲んだり、食事ができるコーナーもある。『冷静と情熱のあいだ』の主人公あおいが、食材を買い出しに行っていた老舗スーパーである。

 

そして『EATALY』(イータリー)

ガリバルディ門のほど近く、最寄りはモスコヴァ駅だ。

『EATALY』が3つのなかではいちばん大きく、エノテカも3階なので明るく開放感がある。おなじく3階にミシュラン一つ星『リストランテ・アリーチェ』が入っている。食品や雑貨売り場のスペースも大きい。

 

どうしてこんなに買い物が好きなんだろうと、自分でも謎に思うほどに、ふらふらと観て歩くのが楽しい。

暮らしを豊かにしようとする意識が女性の脳内では強く働く、それが買い物脳だとも言われているらしいが、まあ、そういうこともあるのかも知れない。

だがたぶんそれよりも、想像するのが好きなのだと思う。

「これ、どんな味かな?」から始まって、「このお皿に、料理を盛ったら?」「このカップで、誰それとコーヒーを飲んだら?」「このペンを、誰それにプレゼントしたら?」と空想の世界に羽を広げ、羽ばたいていく。

観て歩くのは現実の街、現実の店、現実のモノなのだが、その先にどんな空想を繰り広げようが自由で、それが訳もなく、もうどうしようもなく楽しい。誰も見ていなかったらスキップしたくなるほどだ。ミラノの3つのスーパーは、そんなわたしの空想する楽しみを存分に満喫させてくれた。

cimg2803

『Eat's Italia』のエノテカです。

cimg2806精肉コーナー。生ハム、ソーセージ、サラミなど種類豊富です。

cimg2807チーズもたくさんあり過ぎて、迷って買えなそう。

cimg2810お総菜コーナー。野菜が充実していました。蛸のマリネが美味しかった。

cimg2813野菜も美しくディスプレイされていました。ほんと、きれい。

cimg2817調味料や缶詰、瓶詰も、整然と並んでいました。

cimg2969『Eat's Italia』が入ったエクセルシオールビルの入口は、すっかりクリスマス。

cimg2945

『PECK』では、1階のカフェでカプチーノを飲んで休憩しました。

cimg2962にぎやかなトリノ通りは、ブルーにライトアップされていました。

cimg2951『サン・サティロ教会』も、すぐそばにあります。

cimg3080こちらは『EATALY』のエノテカでのランチ。夫はワイン、わたしはビール。

cimg3083もとは劇場だった場所に建てられて、新名所となっているそうです。

cimg3088ガリバルディ門が、すぐ近くにそびえています。

cimg2942ガッレリアに入った大きな本屋さんも、楽しみました。

『Gambero Rosso(ガンベロ・ロッソ)2017』というリストランテガイドを購入。イタリア語で読めないんだけど、レストランごとにいろいろなマークでレビューがかいてあるのがおもしろいんです。

 

☆イタリア旅レポ、これで最終回です。

 読んでいただいてありがとうございました。

 明日からは通常運転。がんばります。

COMMENT

管理人が承認するまで画面には反映されません。

CAPTCHA


  1. ぱす より:

    こんばんわ。
    海外のスーパー。私も大好きです。
    いつまでも、何時間でも居られそうですね。
    エノテカって、日本にもあるワイン専門店ですよね。
    イタリアだったんですね・・・初めて知りました。
    ワインに合いそうな、食材がいっぱいですね。

    以前、隣の隣の市にフランスのスーパー・カルフールがありました。
    ハムとか吊った感じがイタリアのスーパーとよく似ていて
    思い出しました。身近で海外を感じられると時々足を運びましたが
    そのうち、イオンに浸食され・・もうほとんどイオンになって
    結局、閉店しました。10年ぐらい前のことです。
    やっぱり、庶民派の中では浸透しなかったんだな~って思いましたが
    残念でした。

    • さえ より:

      ぱすさん
      おはようございます。
      海外のスーパー、楽しいですよね♩わたしも、大好きです。
      市場も大好き。その国や街の食文化が垣間見られてわくわくします。
      エノテカもバルも、日本でもたくさんできましたよね~。
      フランスのスーパーがあったんですね。
      山梨にはないなあ。こちらもイオンが増えていますが、いつも行っているところは山梨のスーパーです。海外のスーパーは、値が高そうですものね。生き残るのはむずかしいんでしょうね。

PROFILE

プロフィール
水月 さえ

随筆屋。

1962年東京生まれ。

2000年に山梨県北杜市に移住。

夫が営む広告会社で経理を担当。

2012年から随筆をかき始める。

 

妻であり、母であり、主婦であること、ひとりの人であることを大切にし、毎日のなかにある些細な出来事に、様々な方向から光をあて、言葉を紡いでいきたいと思っています。

 

『地球の歩き方』北杜・山梨ブログ特派員

 

随筆かきます。

 

依頼はメールフォームからお願いします。

ご意見などのメール

CATEGORY

カテゴリ

BACKNUMBER

バックナンバー

CALENDAR

カレンダー
2018年8月
« 7月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

はりねずみが眠るとき

昼寝をしながら本を読み、ビールを空けて料理する日々

COPYRIGHT © 2016 HARINEZUMIGA NEMURUTOKI. ALL RIGHTS RESERVED.© 2016 HARINEZUMIGA NEMURUTOKI.