CATEGORY

BACKNUMBER

OTHER

はりねずみが眠るとき

昼寝をしながら本を読み、ビールを空けて料理する日々

OTHER POSTS

日々の暮らし, 雑貨, 雑感 2021.01.31

今年の漢字2021

年頭に「今年の漢字」を考えるのは、4年目になる。ブログのお友達のユミさんが、毎年ヨガ教室で発表するそうで、それに倣っ...

続きを読む

外ご飯, 夫婦, , 家族のこと 2021.01.30

「八ヶ岳ファーマーズ」ミニ写真展

夫である写真家Yasuo Maedaが昨夏撮影した「八ヶ岳ファーマーズ」のミニ写真展といった感じの店内展示を観に行っ...

続きを読む

花と木, 珈琲&お茶, , 田舎で 2021.01.29

運命の人

恋をすると、誰でもが陥る。「運命の人」バイアスに。しかしそれは、シンクロニシティによるもので、錯覚に近い。偶然はけっ...

続きを読む

映画, 鑑賞 2021.01.28

映画『モリのいる場所』

絵を描くというのは、途方もないことだ。じっと蟻を見つめていたモリが、つぶやく。最近気づいたんだが、蟻っていうのは、左...

続きを読む

家ご飯, 健康, , からだのこと 2021.01.27

小腹が減ったら、ビーフジャーキー

夫は、冬になると自家製ベーコンをスモークするのを楽しみにしているのだが、先週、ビーフジャーキーに初挑戦した。手順は、...

続きを読む

, 四季, 田舎で 2021.01.26

まだ見ぬ顔

きのうの朝の八ヶ岳は、初めて見る顔をしていた。特別に白かったのである。山頂付近が白く染まるのはこの季節珍しくはないが...

続きを読む

家ご飯, スイーツ, 2021.01.25

大寒の頃に卵を食べるのは

手話教室で、卵愛にあふれる先生が、まだ熱い茹で卵をみなにくださった。毎年くださる大寒の日に生まれた卵だ。鶏たちも春待...

続きを読む

家ご飯, 2021.01.24

主役を食うタルタルソース?

冬になると一度と言わず食べたい、牡蠣フライ。余裕があるときにはタルタルソースも手作りにする。今回のレシピはピカイチだ...

続きを読む

山崎方代, 読書 2021.01.23

『方代』

『一篇の詩に出会った話』に載っていた山崎方代の歌集『方代』が届いた。同人誌を思わせる手作り風の薄い本で、二百首の歌が...

続きを読む

家ご飯, 花と木, , 田舎で 2021.01.22

柚子胡椒~青でも赤でも黄でもなく

NHK「おはよう日本」のまちかど情報室で、手作り柚子胡椒を紹介していた。柚子胡椒は大好きで、とくに鶏肉を焼いたときに...

続きを読む

家ご飯, 2021.01.21

素敵な数値は雲隠れ~「海老ワンタン鍋」

『鍋の天下一品』の新しい鍋を次々と楽しんでいる。今回は、「海老ワンタン鍋」だ。じつを言うと、ワンタンを包むのは初めて...

続きを読む

花と木, , 四季, 田舎で 2021.01.20

間一髪

家が揺れ、夜中に何度も目が覚めた。地震ではない。強風にぐわんぐわんと家が揺すられていたのだ。朝先に起きていた夫が、た...

続きを読む

山梨, 日々の暮らし, 雑貨, 2021.01.19

いいさよ~

特派員ブログで、甲州弁の紹介をした。そのなかで、いちばん好きなのは「いいさよ~」だとかいた。「どういたしまして」「い...

続きを読む

, 珈琲&お茶, 2021.01.18

珈琲に入っているもの

コロナ禍で、珈琲もオンライン販売で購入している。1年ほど前に取材した「AKITOCOFFEE」のオンラインで、約50...

続きを読む

1 2 3

PROFILE

プロフィール
水月 さえ

随筆屋。

Webライター。

1962年東京生まれ。

2000年に山梨県北杜市に移住。

2012年から随筆をかき始める。

妻であり、母であり、主婦であること、ひとりの人であることを大切にし、毎日のなかにある些細な出来事に、様々な方向から光をあて、言葉を紡いでいきたいと思っています。



『地球の歩き方』北杜・山梨ブログ特派員

 

*このサイトの文章および写真を、無断で使用することを禁じます。

 

CATEGORY

カテゴリ

BACKNUMBER

バックナンバー

CALENDAR

カレンダー
2021年1月
« 12月   2月 »
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

はりねずみが眠るとき

昼寝をしながら本を読み、ビールを空けて料理する日々

COPYRIGHT © 2016 HARINEZUMIGA NEMURUTOKI. ALL RIGHTS RESERVED.© 2016 HARINEZUMIGA NEMURUTOKI.