CATEGORY

BACKNUMBER

OTHER

はりねずみが眠るとき

昼寝をしながら本を読み、ビールを空けて料理する日々

OTHER POSTS

日々の暮らし, 雑感 2020.12.31

2020年マイ10大ニュース

波瀾の年となった2020年も、終わっていく。一昨年のように、今年も振り返ってみたい。【1】1月、ポルトガルリスボンで...

続きを読む

山梨, 日々の暮らし, 雑貨, 2020.12.30

ヨゲンノトリ

「ヨゲンノトリ」を、ご存じだろうか。もうひとつの「アマビエ」とも言われる山梨版の厄病退散の象徴だ。山梨は市川村(現山...

続きを読む

家ご飯, スイーツ, 2020.12.29

鯖缶にはマヨネーズ?

高校時代の友人から、サバ缶が2ダースも届いた。「社販で買いすぎちゃったんだけど、サバ缶食べる?」とのLINEに、あり...

続きを読む

家ご飯, , 2020.12.28

転ばぬ先の杖~砂糖と塩

塩と砂糖を、間違える。漫画やドラマではあるあるの失敗だが、わたしも何度かやっている。この類の失敗を二度三度と繰り返し...

続きを読む

花と木, おしゃれ, 日々の暮らし, 田舎で 2020.12.27

紫のシクラメン

沖縄へともに旅した友人から、シクラメンが届いた。シックな紫色で、寄せ合うように咲いている姿がなんとも可愛らしく、お正...

続きを読む

家仕事, 日々の暮らし 2020.12.26

ウタマロ

心愉しい行事とは言えないが、大掃除の季節。店頭販売していた「ウタマロ」を買ってみた。「ウタマロ」は、頑固な汚れを落と...

続きを読む

日々の暮らし, 雑貨 2020.12.25

これは何でしょう?

これは何でしょう?ちょっとモンキーレンチに似ていますね。食卓で使うものです。答えは、栓抜きでした。では、これは何でし...

続きを読む

家ご飯, 山梨, , 2020.12.24

見切り発車が悪い癖

初めて、ほうとうを打った。山梨の郷土料理ほうとう。食べたことはあるが、打ったことはなかった。手話教室で「ほうとう」の...

続きを読む

, 四季, 田舎で 2020.12.23

凍った季節、人の心に咲く花たち

今シーズン初めて、風花が舞うのを見た。このところの冷え込みは、「冷え込む」や「寒い」という言い回しでは、まるで伝わら...

続きを読む

山梨, 日々の暮らし, 雑感, 2020.12.22

石仏に思う

特派員ブログで、夫が撮った石仏の紹介をしたとき、仏像ハンドブックともいえる『マンガでわかる仏像』を参考にした。トーハ...

続きを読む

健康, 日々の暮らし, 雑貨, からだのこと 2020.12.21

シルクの腹巻き

先週、東京へ出た際、腰を痛めた。ぎっくり腰までの痛みはないが、左に常時鈍痛を感じる状態だった。父の葬儀まで2日空いて...

続きを読む

外ご飯, 長野, 山梨, , 2020.12.20

駅弁の魅力

喪服用の黒いコートを買いに東京駅に出た際、食べたことのない丸政の駅弁を見つけた。その名も「信州名物山賊焼弁当」だ。よ...

続きを読む

親子, 家族のこと 2020.12.19

日曜日に逝く親は

父が逝った。92歳だった。最期は癌が身体じゅうに転移していたが、長く苦しむことなく静かに息をひきとった。今年の年明け...

続きを読む

井上荒野, 読書 2020.12.18

『綴られる愛人』

文通。そんな古風なやりとりで綴られたサスペンス。ふたりが入会した「綴り人の会」は、住所や本名を明かすことなく文通がで...

続きを読む

1 2 3

PROFILE

プロフィール
水月 さえ

随筆屋。

Webライター。

1962年東京生まれ。

2000年に山梨県北杜市に移住。

2012年から随筆をかき始める。

妻であり、母であり、主婦であること、ひとりの人であることを大切にし、毎日のなかにある些細な出来事に、様々な方向から光をあて、言葉を紡いでいきたいと思っています。



『地球の歩き方』北杜・山梨ブログ特派員

 

*このサイトの文章および写真を、無断で使用することを禁じます。

 

CATEGORY

カテゴリ

BACKNUMBER

バックナンバー

CALENDAR

カレンダー
2020年12月
« 11月   1月 »
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

はりねずみが眠るとき

昼寝をしながら本を読み、ビールを空けて料理する日々

COPYRIGHT © 2016 HARINEZUMIGA NEMURUTOKI. ALL RIGHTS RESERVED.© 2016 HARINEZUMIGA NEMURUTOKI.