CATEGORY

BACKNUMBER

OTHER

はりねずみが眠るとき

昼寝をしながら本を読み、ビールを空けて料理する日々

OTHER POSTS

CIMG6187

家ご飯, 2017.04.17

筍、伸びようとする意志

「筍掘りに行ってきたから」ご近所さんに、大きな筍をいただいた。さっそく茹でて、筍ご飯を炊いた。「うわっ、掘りたての筍は、違うね」「うーん。いい香り」竹冠に「旬」とかくのだ...

続きを読む

CIMG6076

家ご飯, 2017.04.16

豆腐の味噌汁

「あ、豆腐の味噌汁、久しぶり。美味い!」夫の言葉を聞き、そう言われれば、味噌汁に豆腐を入れたのは確かに久しぶりだったと思い至った。このところ、油揚げといくつかの野菜ときの...

続きを読む

CIMG6142

日々の暮らし, 田舎で, 花と木, 雑感 2017.04.15

リズムを刻んで

最近よく、ジャーニーを聴く。夫に誘われ1月にコンサートに行って以来、車でCDをかけることが多くなり、とくにヒット曲『Don't Stop Believin'』は、リピート...

続きを読む

CIMG6127

からだのこと, 健康, 田舎で, 花と木 2017.04.14

笑って眠ろう

庭の桜が、咲いている。標高600m。遅めに春がやってくる我が家の庭も、冬の眠りから覚め、大きくあくびをしているところ。新緑の始まりだ。雪柳やプラムの真っ白い花、タチツボス...

続きを読む

CIMG6080

本谷有希子, 読書 2017.04.13

『自分を好きになる方法』

本谷有希子の小説『自分を好きになる方法』(講談社文庫)を、読んだ。主人公は、リンデという名の女性。名はカタカナだが、舞台は日本だ。そのリンデの16歳、28歳、34歳、47...

続きを読む

CIMG5875

多治見, 2017.04.12

バスから見た風景

多治見に着いて、最初にバスで移動したときのこと。窓の外は小雨が降っていて、知らない町を地図を頼りに歩くというのに雨かあ、と方向音痴のわたしはちょっぴり憂鬱になっていた。そ...

続きを読む

CIMG5948

多治見, 2017.04.11

多治見陶器祭り、一期一会

陶器祭り開催は、4月8日(土)9日(日)の2日間。9日の朝一には帰路に就く。8日丸一日を思いっきり楽しもうと、開催時間の午前9時には会場入りした。メイン会場は「本町オリベ...

続きを読む

CIMG5859

多治見, 2017.04.10

多治見、食と器

多治見を訪れて驚いたことは、食事や休憩をしようと入る店入る店、器にこだわり、とても凝っていたことだ。陶磁器の国内生産量5割を誇る美濃焼の産地、多治見市には『美濃焼を使おう...

続きを読む

CIMG5900

多治見, 2017.04.09

多治見ひとり旅

地味に、多治見に来ている。というのは駄洒落だが、夫が大学時代の友人たちと台湾旅行に行く間のひとり旅だから、地味と言ってもいいだろう。ちなみに26歳の娘は今、ミャンマーをひ...

続きを読む

CIMG5726

, 日々の暮らし 2017.04.08

きどにたてかけし衣食住、だ?

「きどにたてかけし衣食住」という言葉を、初めて聞いた。営業などのビジネスマンの間で使われている会話テクニックのひとつで、基本の話題の頭文字をとった言葉だそうだ。き 気候や...

続きを読む

CIMG5745

からだのこと, ヨガ, 田舎で, 花と木 2017.04.07

もとに戻っていく

軽いタイプのヨガ、ひめトレは、基本身体のあちらこちらがムリなく伸びて気持ちいいのだが、ストレッチポールの上に仰向けに寝てする体操で、両足を振動させるのがとても気持ちがいい...

続きを読む

CIMG5664

手話, 日々の暮らし 2017.04.06

伝えることって難しい

週1回、手話教室に通い始めて、2カ月ほど経った。前知識など何もなく勉強し始めたのだが、目から鱗が落ちることの連続だ。素人の感想で言えば、手話は記号ではない。伝えるためのジ...

続きを読む

CIMG5443

ラーメン, 日々の暮らし, 雑感, 2017.04.05

何でできている?

『男の子ってなんでできている?』という有名なマザーグースのうたがある。男の子って何でできている? 男の子って何でできている?蛙に かたつむりに 子犬のしっぽ そんなもので...

続きを読む

CIMG5676

山本文緒, 読書 2017.04.04

『絶対泣かない』

山本文緒の短編集『絶対泣かない』(角川文庫)は、何度も読み返した大好きな小説だ。裏表紙の紹介文には「15の職業のなかで、自立と夢を追い求める女たちの人知れぬ戦いを描いた」...

続きを読む

1 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 38
CIMG6581

PROFILE

プロフィール
2016-10-02-11-07-59-1
水月 さえ

随筆屋。

1962年東京生まれ。

2000年に山梨県北杜市に移住。

夫が営む広告会社で経理を担当。

2012年から随筆をかき始める。

 

妻であり、母であり、主婦であること、ひとりの人であることを大切にし、毎日のなかにある些細な出来事に、様々な方向から光をあて、言葉を紡いでいきたいと思っています。

 

『地球の歩き方』北杜・山梨ブログ特派員

 

随筆かきます。

 

依頼はメールフォームからお願いします。

ご意見などのメール

CATEGORY

カテゴリ

BACKNUMBER

バックナンバー

CALENDAR

カレンダー
2018年2月
« 1月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728  

はりねずみが眠るとき

昼寝をしながら本を読み、ビールを空けて料理する日々

COPYRIGHT © 2016 HARINEZUMIGA NEMURUTOKI. ALL RIGHTS RESERVED.© 2016 HARINEZUMIGA NEMURUTOKI.