CATEGORY

BACKNUMBER

OTHER

はりねずみが眠るとき

昼寝をしながら本を読み、ビールを空けて料理する日々

OTHER POSTS

江國香織, イタリア, 読書, 2016.12.05

『冷静と情熱のあいだ』

『冷静と情熱のあいだ』(角川文庫)を、再読した。1999年、新たな世紀を迎える直前に出版されたものだ。辻仁成が男性、順正の視点から、江國香織が女性、あおいの視点から描いて...

続きを読む

外ご飯, 2016.12.04

なこかい、とぼかい

九州沖縄三昧『ナンクルナイサきばいやんせー』で、生ビールを飲んだ。ナンクルナイサは沖縄の方言で、なんとかなるさ。きばいやんせーは鹿児島の方言で、がんばりなさい。店名はなん...

続きを読む

家ご飯, 2016.12.03

ようやく会えた

ずっと気になっているのに、読むに至らない本、というのがある。例えば、好きな作家と50音順が近い作家の本だったり、タイトルに魅かれ手にとったもののふたたび図書館や書店で棚に...

続きを読む

日々の暮らし, 雑感 2016.12.02

とんでもなくて何でもないこと

小学生の頃、息子がこっそり教えてくれたことがある。校長先生のお話の時間に、ある遊びをしているというのだ。神妙な顔をして話を聞くふりをしながら、頭のなかではこんな遊びをして...

続きを読む

家ご飯, 花と木, , 田舎で 2016.12.01

枯露柿熟して

枯露柿が甘く熟し、楽しんでいる。3週間ほど干せば食べ頃と聞いたが、2週間も干せば食べられると言う人もいる。2週間ほどで試しに食べてみると爽やかな甘み。両方の両親と娘たちに...

続きを読む

森見登美彦, 読書 2016.11.30

『聖なる怠け者の冒険』

森見登美彦の『聖なる怠け者の冒険』(朝日文庫)を、読んだ。社会人2年目にして独身寮で缶ビールを飲むのが唯一の趣味という怠け者、小和田君。彼は京都の街を舞台に活躍する正義の...

続きを読む

, 田舎で 2016.11.29

富士山、ふじさん

きのうの朝は、富士山がきれいに見えた。富士山がきれいに見えるといいことがありそうな気がする。特別な山だ。パワーを感じる。などなど、富士山大好き、という人はけっこう多い。な...

続きを読む

外ご飯, 2016.11.28

神田のカレー

会社の近く、神田でカレーを食べた。神田カレーグランプリ優勝店とののぼりに、魅かれたのだ。入った日乃屋神田西口店は、券売機で券を買って入る、カウンターだけの店。「神田って、...

続きを読む

, 2016.11.27

納豆一粒分の違和感

納豆鉢は、これと決めたものがある。だがたまに、違うものを盛ることもある。たまたまそれが残ってしまい、翌朝の納豆鉢に困ることがあった。「これで、いいか」出してきたのは、カフ...

続きを読む

森絵都, 読書 2016.11.26

『異国のおじさんを伴う』

森絵都の『異国のおじさんを伴う』(文春文庫)を、読んだ。十編からなる短編集だ。『藤巻さんの道』では、道だけで編まれた写真集を見せたとき、もっとも荒んだ1枚を選んだことから...

続きを読む

日々の暮らし, 雑感 2016.11.25

六角形のパラシュート

まだ11月だというのに、雪が積もっている。東京では11月に雪が降るのは54年ぶりだそうだ。なんとわたしが生まれた年である。山梨に越してきてからは、雪を見ても手放しに、ああ...

続きを読む

花と木, 田舎で 2016.11.24

向日葵の涙

「今頃、向日葵が咲いてるらしいよ。ちょっと見に行こうか」夫が言ったのは、Jリーグチャンピオンシップのハーフタイム。「いいね」わたしもすぐ、上着をひっかけた。向日葵畑は、車...

続きを読む

日々の暮らし, 雑感 2016.11.23

遠い場所にあるシンプルライフ

マウスを買った。パソコンのマウスである。「いい加減に、マウス使えば?」夫には、これまで百回以上言われているが、使う気になれなかった。理由は、なくても済ませられるものをあえ...

続きを読む

家ご飯, 2016.11.22

翌朝の鍋

鍋をした翌朝は、たいていその鍋の残りで雑炊となる。夫婦二人の食卓なので、鍋の具がたくさん残っていれば、雑炊ではなくふたたび鍋を朝食に食べる。鍋は作り立ても美味いが、翌朝や...

続きを読む

1 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56

PROFILE

プロフィール
水月 さえ

随筆屋。

1962年東京生まれ。

2000年に山梨県北杜市に移住。

夫が営む広告会社で経理を担当。

2012年から随筆をかき始める。

 

妻であり、母であり、主婦であること、ひとりの人であることを大切にし、毎日のなかにある些細な出来事に、様々な方向から光をあて、言葉を紡いでいきたいと思っています。

 

『地球の歩き方』北杜・山梨ブログ特派員

 

随筆かきます。

 

依頼はメールフォームからお願いします。

ご意見などのメール

CATEGORY

カテゴリ

BACKNUMBER

バックナンバー

CALENDAR

カレンダー
2018年10月
« 9月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

はりねずみが眠るとき

昼寝をしながら本を読み、ビールを空けて料理する日々

COPYRIGHT © 2016 HARINEZUMIGA NEMURUTOKI. ALL RIGHTS RESERVED.© 2016 HARINEZUMIGA NEMURUTOKI.