CATEGORY

BACKNUMBER

OTHER

はりねずみが眠るとき

昼寝をしながら本を読み、ビールを空けて料理する日々

OTHER POSTS

家ご飯, 2020.01.31

秋刀魚の糠漬け

北海道は厚岸のふるさと納税返納品は、ちょっと風変わりなモノだった。秋刀魚の糠漬けだ。秋刀魚を糠漬けにするなどとは知ら...

続きを読む

家ご飯, 山梨, , 2020.01.30

辛さは続くよ、どこまでも

1月ラストの『地球の歩き方』北杜・山梨特派員ブログは、富士山カレーを紹介した。奇抜な色づかいと発想に驚かされる山梨名...

続きを読む

四季, 家仕事, 日々の暮らし, 田舎で 2020.01.29

大切なのは、準備と道具

20㎝ほど積もっただろうか。朝、窓を開けると何もかもが白かった。夫は東京。9時前には家を出て甲府へ向かわなくてはなら...

続きを読む

茨木のり子, 読書 2020.01.28

『落ちこぼれ』

詩を読むとき、以前詩をかく人に聞いたことを思い出す。「手放した詩は、読者のもの」本に収められている詩も、ネットで読ま...

続きを読む

家ご飯, 2020.01.27

肝心なもの

「生姜鍋にしようか」「いいね」という話になり、午前中、隣町のスーパーに買い出しに行った。鍋のときはいつもそうだが、買...

続きを読む

家ご飯, 花と木, 薪ストーブ, , 田舎で 2020.01.26

きっかけは、ふきのとう

冷えきった薪ストーブに火を一から入れるとき、同じように薪を組み火をつけてもなかなか燃えないことがある。薪が違うのだか...

続きを読む

おしゃれ, 日々の暮らし, 雑貨 2020.01.25

ひとりの時間とパスケース

年も新しくなり、10年近く使っているパスケースを新調した。何気なく気に入ったものを選んだのだが、ふと、気づく。以前だ...

続きを読む

奥田英朗, 読書 2020.01.24

『variety(ヴァラエティ)』

奥田英朗の文庫『variety(ヴァラエティ)』は、あとがきによるとあちらこちらで単発でかいた短編を集めたもので、イ...

続きを読む

珈琲&お茶, スイーツ, 2020.01.23

時を挟んだ珈琲

年が明けて初めて「AKITOCOFFEE」で豆を買ってきた。紹介記事はこちら 【ゆったり時間とスペシャルティコーヒー...

続きを読む

外ご飯, 山梨, , 2020.01.22

通過点でできている

通過点という言葉が似合う場所を取材した。隣りのそのまた隣の市にある「中央自動車道双葉サービスエリア」だ。【通過点】つ...

続きを読む

, 四季, , 田舎で 2020.01.21

空の一部

日曜の朝、青く抜けていた空は、しかし次第に色を手放していった。雲ひとつないという形容そのままだったが、山から雲が生ま...

続きを読む

四季, 田舎で 2020.01.20

大自然が愉しげに遊ぶ姿を

週末は雪が降った。夜にしんしんと降り積もっていた雪が、しかし朝には地面で静かに凍っていた。ウッドデッキの雪は、降って...

続きを読む

外ご飯, 2020.01.19

泡は必要か否か

神戸行きの前乗りで東京に出た夜、ビアバーでひとりクラフトビールを楽しんだ。以前夫に連れていってもらい宇宙を楽しんだ「...

続きを読む

夫婦, 親子, 日々の暮らし, 家族のこと, 雑感 2020.01.18

25年前を思い出してみました

きのうは1月17日。阪神淡路大震災から25年が経つ。夫が会社を興したのは8月。その年、末娘が10月に生まれ、家族5人...

続きを読む

1 2 3

PROFILE

プロフィール
水月 さえ

随筆屋。

1962年東京生まれ。

2000年に山梨県北杜市に移住。

夫が営む広告会社で経理を担当。

2012年から随筆をかき始める。

妻であり、母であり、主婦であること、ひとりの人であることを大切にし、毎日のなかにある些細な出来事に、様々な方向から光をあて、言葉を紡いでいきたいと思っています。

『地球の歩き方』北杜・山梨ブログ特派員

 

 

CATEGORY

カテゴリ

BACKNUMBER

バックナンバー

CALENDAR

カレンダー
2020年1月
« 12月   2月 »
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

はりねずみが眠るとき

昼寝をしながら本を読み、ビールを空けて料理する日々

COPYRIGHT © 2016 HARINEZUMIGA NEMURUTOKI. ALL RIGHTS RESERVED.© 2016 HARINEZUMIGA NEMURUTOKI.